巨大企業大赤字で連鎖倒産時代に成功する人のマインドセット

松田豊マインドセット

今は恐怖と不安が渦巻く激動の時代になり、新型コロナウィルスによる非常事態宣言が出された世の中で社会も混乱しつつあります。

大企業が大赤字を出し中小企業は煽りを受けて倒産していますし、学校も休みが続いたので日本の常識やシステムや経済は大変なことになっているようです。

そんな中でもきちんと学んで成功する人や、安定してゆるく楽に不労所得を得ている人もいるはずです。(麻生さん等松田さんのコンサル生とか実在しています。)

最近は松田さんのいうとおり、世界はどんどん二極化しているのだなあと、中高年の私でもはっきりと感じます。2022年がタイムリミットということです。

成功者は常に最悪の事態を考えて行動しているから何が起きてもあわてないのです。全ては想定の範囲内なのでしょう。余計な情報は要らない。それが成功哲学の基本です。

私は最初、アフィリエイトで副収入が欲しくて松田豊さんの動画を拝見するようになりましたが、マインドセットがわかってきたら「稼ぐことではなくて精神的なことや、人間として大事なこと」を学ばせてもらったのだと今は思っています。結果、仕事でも人間関係や環境が改善され3年前を振り返ってみるとパラレルシフトしたのだなあと実感しています。

私はコンサル生ではありませんが、松田豊ユーチューブ動画を無料で視聴し続けてたくさん学ばせていただきました。今は感謝の気持ちでいっぱいです。

日本全体がうつ病状態、異常事態に慣れきた

地震、サバクトビバッタ、巨大台風、新型ウイルスなど異常なことが次々と起こり、何が起きてもおかしくない異常事態が続いています。
去年まで黒字だった巨大企業が一転して1兆円以上の大赤字、中小企業の連鎖倒産、中高年の大量リストラ、云々と日本全国総鬱病状態です。
私事でも、仕事の繁忙期の中に老親の骨折や入院などが続き、異常事態に慣れてきてしましました。
先日、ユーチューブで松田豊さんが「このような難しい時代に、どのように生きればよいのか」という大事な話をタイミングよく配信されていましたので、真剣に聞いて考えてみました。
私のような中高年にもわかるように、丁寧に3つに分けて教えていただきました。

グーグルの変化これからのネット社会はどうなる?

この度、「史上最大規模のグーグルのアップデート」というものがあったそうです。

今までは、まともにやっていて問題なかったものが消し飛ぶような事が起きているとか?ブロガーの間での神話が崩れた!という一大事だそうです。

グーグルの現状をプロが推察

松田豊さんのようなインターネットのプロの方々は、グーグルの舵取りに方向転換があるのではないか?と予想しているようです。

現在はグーグル検索ではなく〇〇〇〇〇〇検索だということです。

その予想とは、あんなことやこんなことを具体的にサービス名を挙げてお話しされていました。

(松田豊【独り在宅ネット起業15年目】チャンネルの中で、ギリギリのお話しをされています。)

インターネットの世界も、今までのような恩恵にはあやかれなくなるという状況なのでしょう。

このように、今年は専門家やプロがポジションを変えるような時代です。

来年、再来年はいったいどうなってしまうのでしょう?2020年がリミットだということです。

今までの結果では、教えていただいた情報は本当にそうなってきたので私は今回も信じます。そして今度こそ最後だと思いブログをまた始めることにしました。

グーグルは神か?マトリックスなのか?

現在は、グーグルアカウントによって個人情報はもちろん、全て把握されており人間選別されているという話を聞きました。

この人はどのサイトを見て、何を買い、どこに行き、どのような嗜好で、などと様々な情報がビックデータに蓄積されているということです。

また、そのビックデータは企業間取引で流出してしまっています。

グーグルのニーズに合う、安全な人間の作ったサイトでなければ表示されないなんてことも現実に起きてきそうだという話です。

なので最新のプロの教えるノウハウには〇〇〇〇〇〇と〇〇〇〇が最重要になってきています。キーワードではありません。SEOも後からついてくるのです。

このような話も、3年前ほどから松田豊さんはユーチューブの動画でお話しされていました。いろいろ現実になってきていてわくわくする部分もあります。

情報操作に惑わされない

昔から世間では、ラジオ、テレビ、インターネットなどで情報操作をされています。

反対にラジオ、テレビ、インターネットを信じなければ情報操作されないというお話です。

ユダヤのホロコーストは、ラジオで操作されておきたといいます。その数は6千万人で千葉県民全員に匹敵するそうです。

また、昭和時代には「口裂け女」というものもありました。

実際に現在も何かあった時には、すぐにスマホでニュースやSNSを見て、タイトルや憶測の文章を見て「そうなんだ」と思い込んでしまいます。

情報がありすぎるので、正しい情報を選択するのは難しくなってきます。

難しいのであれば最初から見ないというのも一つの方法です。

 

成功者はメンターの話しか聞かない

ランチェスターの弱者の法則の話を例にして、少数派の成功者は大衆向けの情報に騙されないのだという説明をしてくれました。

松田さん本人も、自身のメンターのいうことしか聞かないのだそうです。

一人でコツコツ稼ぐ中高年は、マイノリティーの少数派の情報のみ聞くことが大事です。

大衆向けの情報に惑わされないことが成功するコツです。

自分だけの小さな世界で王様になることです。

体力のない弱者が生き残る方法

体力のない中高年、資産を持たない中高年は夢を見て騙されて、時間を無駄にしてはいけません。

フェラーリに乗ったり、タワーマンションに住んだり、大企業の社長のようにはなれません。

小さなところで硬い仕事をするのが王道です。

一人でこっそりコツコツと、まるで猫のように、ラクーにゆるーく地味に成功していくのが一番幸せな方法です。

何回も松田さんが話してくれていますが、私にとっては本当にあこがれるライフスタイルです。

まとめ

2020年前半はコロナ自粛にともなって、私の職場でも勤務時間が短縮になったり休みも多くなりました。

休みの日は1日じゅうパソコンを触っていられて、本当に楽しくあっというまに時間が過ぎました。

メールフォルダを整理したり、画像フォルダを整理したり、昔ダウンロードしたアフィリエイトのPDFを整理したりして苦笑いしていました。

今当時を思い出すと、時間を無駄にしたなあと思います。

このブログをはじめた最初の頃は700字の文章を書くのにも、すごく時間がかかっていました。

見出しの使い方も画像の入れ方もわからないので、自分の好きなように何も考えずに書いていました。

途中放置している時期もありましたが、こうしてブログを続けていれるのは、とても楽しいです。

たまに広告を貼ってみたりしてますが、「こんなふうになっているのかあ、、」と新しい発見ができてブロガー気分で楽しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました