成功者の説く楽~に生きるとは?

松田豊コンサル

松田豊さんのコンサル生の神田さんは松田さんの指導内容をブログでシェアしてくださっています。
そのブログを拝見させていただいた学びの感想です。
神田さんは「全て手放し」今では「すごく楽になった」そうです。
神田さんは松田さんの指導の下でインターネットで仕事をしています。
そして今、毎日とてもしあわせだとおっしゃっています。

それを手放して楽に生きませんか?

成功者の説く楽~に生きるとは?

一生懸命しあわせを

人それぞれ幸せの尺度も違いますでしょうし,人から見た幸せの度合いも測ることは難しいので私は人のことはいえないのです。
なので自分のことで考えてみました。

子供のころのしあわせ

私が小学1年生の頃、両親が離婚しましたので母子家庭で鍵っ子で貧乏で育ちました。母は仕事を掛け持ちして働いていました。
夜に一人でいると何か見えたり聞こえたりするようで、当時の私は怖くて布団から出れませんでした。
トイレは玄関の隣にあり、誰かが入ってきそうで怖いのでトイレまでいけなくてよくおねしょしていました。
そんな生活で平日の食事は給食だけという日がほとんどでした。
母の仕事が休みの日には銭湯に行くので、その時間は一緒にいれたのが幸せでした。
成功法則

大人になる頃

仕事をするようになってお金を手に入れられるようになると、お給料をもらった瞬間がしあわせでした。
なぜ瞬間なのかというと、次々に支払いに出て行くのでもらった瞬間がピークなのです。
死んだ姉に子供が生まれ甥ができたので紙おむつやよだれかけや粉ミルク、おもちゃや洋服を買うのが楽しみでした。
なので仕事は指名制、歩合制、単発バイト。次々と今より時給の良いところ、服装などにお金がかからない制服が支給されるところ、駐車場が無料のところ、とたくさんバイトをしました。
そして仕事を通じて知り合う大人の方との関わりでが新鮮で刺激的で楽しい時代でした。
楽に生きる

母になって

独りで子供を産んでからのしあわせは、自分ができなかったことやさみしかったことを埋めるために子供にはそうさせないように意地になっていました。流行りのおもちゃや知育玩具や英語の教材などカードやローンを使って買い与えました。
幸い母が病気で働けずに家にいましたので、鍵っ子にせずにすみました。
ですが子供は病弱で中学になるまで年に数回入院していましたので、毎回の退院が決まった瞬間がしあわせでした。
なぜ瞬間なのかというと、そのあとに仕事を休んで収入が減った分のお金を工面しなけれなばらなかったからです。
なので当時の私には、病院の医師から説明を受けて「退院してもいいですよ」と言われた瞬間がしあわせのピークだったのです。

最近のしあわせ

やはり、松田さんのマインドセットを知ったことがしあわせです。
マインドセット動画を見るようになって自分は変わったと思います。
そしてこれからも、もっとよくなりたいです。
良く学び、良く生きる
もっともっと良くなりたいと思っています。
今が最後のターニングポイントだと思っています。

神田さんのブログの考察まとめ

もっと楽に考えるだけで幸せになれます。

ということなのでこれからは楽に楽~に考えて、焦らずマインドセットを学んでいきたいと思っています。

たくさん動画を視聴して、たくさんブログを拝見します。

そして来年の今頃は笑顔でしあわせになってるはずです。

成功法則

成功法則思案中☆51個めのパイロン

コメント

タイトルとURLをコピーしました