松田豊は1%以下の非常識な人間だった!

松田豊マインドセット

インターネットで「松田豊は詐欺師?」などという文章を見かけましたので、驚いて検索してみました。すると出てきたサイトが気になってのぞいてみていたのですが、記事の内容は「詐欺」とは反対にリスペクトするものが多く、マインドセットに感心する内容のものでしたので安心しました。「キーワード選定などが上手だなあ。これがSEOかあ」と感心しました。こうして踊らされているのでしょうね。少し免疫ができてきたような気がしました。

圧倒的な方法とマインドで成功する秘訣。

これは絶対に知っておかないとスタートに立てません。マインドセットがなければインターネットビジネスで毎月30万以上稼ぐなんてできないのです。

松田豊さんは動画で言っていました。努力と根性は稼げる額に比例しない!

 

ネットで検索すると松田豊詐欺師と書かれている件

出る杭は打たれるということわざを思いだしました。こういうのはアンチというそうです。

最近の松田豊さんの別チャンネルではアンチと対談するシリーズが配信されています。

相当大きな会社の社長や、有名になった成功者たちは、成功者は詐欺師だと言われます。

私も貴方も成功して年収も大きくなったら、やはり詐欺師だと言われます。

昔、農家の人はトラクターが出た頃には拒絶反応をしめし、自動化せずにひとつひとつ手で稲を植えていたという話を聞きました。うどんの工場などの製麺所も大きな機械が入り手作業ではなくなりました。

これからAI人工知能が一般的になり、職を奪われる人が続出します。時代は確実に変化しているのです。

人と違うことをしていると、詐欺師とか変人とかいわれたり悪口を言われてしまいます。

昔から変わらないようです。

 

詐欺師にも二種類ある

詐欺師といっても二種類にわかれます。裁判所が「こいつは詐欺師だ」と認めればその人は詐欺師です。それ以外は詐欺師じゃないのです。

こいつは詐欺師だな?と思ったら民事訴訟で訴えてください。裁判で詐欺師と認定されたら詐欺師です。それ以外は詐欺師ではありません。

ただインターネットでごちゃごちゃ言われているだけなんです。ここ重要です。

気に入らない人を詐欺師だ詐欺師だと誹謗中傷していても、相手はずーっとコツコツ仕事を続けています。松田豊さんや、そのコンサル生がそうです。

するとそのうちにどんどん相手との差が開いていきます。そういう継続し続ける人にはファンもいるのです。その人の仕事が好きだとか、サービスが好きだとか。

けれど、詐欺だとかボッタクリだとかも言われ続けています。でも今もそれを続けて作り続けているのです。

 

成功すればするほどディスられる

成功すると必ずアンチが出てきます。必ずディスられます。けれども気にせずにたんたんとやり続けるのです。差は開き続けます。成功すればするほどディスられるのです。

けれども気にすることはありません。

もっともっとどんどん提供してよいのです。

 

あんたに給料もらってる訳じゃないと開き直ってみても…

私の昔の体験ですが、やはり理不尽に辛く当たられたことがあります。

上司に可愛がられる場面が多かったのでありがたいことにたくさん得することもありました。ご飯をごちそうになったりとか、飲みに連れて行ってもらったりしていました。

やはり私だけが可愛がられるとそれをみていて、面白くなく思う人がいて嫌がらせもありましたが。そのうちに人間関係が修復できないほどになり私が退職するというパターンです。

やはりそういうときに一人ぼっちで辛い時は「何言われても平気、あんたに給料もらってる訳じゃない。」と、つっぱって頑張っていました。

ですが、いつものことで自分がかたくなにつっぱると社内中に悪評判がたってしまい、結局最後には可愛がってくれていた上司まで見ない振りするような劣悪な環境で一人ぼっちになってしまうというパターンにおちいってしまいます。

そうして「もういいや、やめよう」と思って退社するのです。次に働いたところでも、又同じようなことがあります。いつもそうでした。今思うと、あれは自分の我が強いために自分で引き寄せて自分しまっていたのではないかと思っています。

「私は悪くないもんっ!」

っていう引き寄せです(笑)今は反省して後悔してそのような態度はとりません。

 

まとめ

出る杭は打たれる。成功すればアンチは必ず出てくる。

アンチが出てきたら成功してきたバロメーターだと思いましょう。

 

【追記】自分では上記のように書いていたのですが、某掲示板に松田豊さんのことを書いてあるので読むようにという連絡がきました。また、このブログを書いていることによって松田豊さんの詐欺を手伝っていることになると指摘されました。

そのようなことは初めてでしたので、驚いてしまい怖くなってしばらくこのブログを放置していました。

私の中では、勝手に松田豊さんのファンでいるだけですので何も問題ないと思っていたのですが、このブログを読むことによって犯罪に巻き込まれる人が出ては大変と思いました。

ですので、冒頭に自己責任でお読みくださいと書くことにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました