人生折り返し地点から垂直上昇の待ったなしブログ

51個目のパイロン 松田豊の成功法則思案中

松田豊心の在り方

ダサイ挑戦者に明日はあるのか?

更新日:

私も経験があるのですが

人は何かに挑戦すると笑われます。

そしてみんなに馬鹿にされます。

よく発明する人のエピソードなどにありますが

やはり成功者に多いパターンですね。

人とは違うことをしているからなのでしょうか?

やはり1%の変わり者なのでしょう。

 

馬鹿にされたり、いじめられたりするときには

俺より弱いとか俺の方が賢いとかも言われます。

いつもそうです。

人と比較して優位に立って安心する。

学校の階段、いじめのカーストそのままだとおもいました。

 

松田豊さんはこういっています。

ダサい挑戦者が一番かっこいい

ほんとにあったイジメの話

私の思い出したくない過去の話です。

ちょうどつっぱりブームでつっぱりがカッコイイ時代でした。

なので学校でのいじめに関した思い出はたくさんありますが

今でも胸がぎゅうっと苦しくなってしまいますし

喉が詰まったときのような感じになってしまいます。

真剣に思い出すと固まって動けなくなります。

今思い出しても本当にいやです。

 

私の場合は友人は皆無でせっせと労務作業勤務の毎日ですが

「あの時の嫌な思いに比べたら今は一人でいれてシアワセ」

みたいな思いがありますので一人でPCに向かって仕事できるということは

本当にありがたくてストレスフリーの憧れの職業です。

 

私の場合は、野球は詳しくありませんが、

よく話に聞くことがある

野球少年は厳しい部活での体験があるため

その苦しみに比べれば大抵は社会でも楽に対応できる

という例えのイジメ版のようなものでしょうかね?

本当に人間関係につきあうのは苦手です。

 

挑戦者の定義とは?

松田豊さんはブログでおっしゃっています。

挑戦者を笑う人は挑戦者にすらなれない!

ダサくても挑戦する人の方がかっこいい

 

松田さんのコンサル生で68歳でバリバリ稼いでる方がいます。

何度も動画を拝見していますが

あの方を見ていると私はあせってしまいます。

あの方より恵まれた環境で

あの方よりも若いのに

あの方のように成果を出すことができないでいて

私は情けない!

と、奮い立ってきます。

ありがとうございます。

 

かっこいい成功者になりたければ
ダサい挑戦者を応援しましょう。







-松田豊心の在り方
-

Copyright© 51個目のパイロン 松田豊の成功法則思案中 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.