人生折り返し地点から垂直上昇の待ったなしブログ

51個目のパイロン 松田豊の成功法則思案中

松田豊心の在り方

松田豊の気に入らないタイプの対処法とは?

更新日:

人は自分が批判しているような人にはなれない

お金もちを批判しているとお金もちにはなれない

教師を批判していると教師のようにはなれない

政治家を批判しているとそのような政治家にはなれない

批判するということは

反対に羨望から見る嫉妬や妬みも含まれると思っていました。

同属嫌悪とかもあると思います。

こんなごちゃごちゃした話ではなくて

今回の松田豊さんのブログもいたってシンプルです。

本当にこの方のブログは真理のようにシンプル。

毎回読むたびにクスっとしてしまう瞬間があります。

松田豊さんのいう成功者とは?

成功にもいろいろな在り方があります。

たたき上げ成り上がり成功者や

良いブレーンに恵まれた成功者

一族代々が成功者

宝くじにあたったような運の良い成功者

一人でコツコツ地味に続ける成功者

安定した勤め人の生涯をすごす成功者

ドバイの王様のような成功者

良いスポンサーにめぐり合えた成功者

 

いろいろ多種多様にありますが

松田豊さんの考えはブログでこうおっしゃっています。

 

人から必要とされており

そして、何らかの商品やサービスを提供していれば成功者

成功しているということは、だれでもはだしで逃げ出すようなリスクを負って、勝った人間か、誰かから必要とされているからです

 

成功者を批判、意見しているうちは成功はできない

松田豊さんがブログでおっしゃるには

自分の理想像とは程遠い、嫌だなと感じる人でも

その人が成功しているということは

その人は誰かから必要とされているということです。

なので自分が嫌でも、他の誰も、その成功者を批判できないわけです。

 

私がホリエモンを批判した時

昔、ちょうどライブドアが派手にM&Aをしていた頃です。

株式市場を賑わしていた頃で、フジテレビの件で連日騒がせていた頃です。

当時の私の大事な方が、M&Aのターゲットになりました。

その会社は地味な役所のような仕事をする上場会社でしたが

以前仕手株に触られていたずらに最高値をつけられた事がありました。

その会社は株価は安かったのですが大口単位で株主も多くなくて

連結子会社が複数あり、子会社の方が株価が高いという、

まさにその頃の条件に狙われやすい株式会社でした。

その方はその会社の役員であり関連会社も兼務していましたので

当時は大変ストレスを受けたような時期がありました。

ちょうどそのタイミングに丸ビルでランチしていたのですが

その方を心労で追い詰めたホリエモンが憎らしくて

感情的に批判してしまったことがあります。

ですがそんな小鳥の鳴き声なんか慰めにもならなかったですがね。

当時はホリエモンのことも、ライブドアのことも

ネットやメディアでしか見聞きしていなくて

イメージで「いまどきの悪どいやつら」と思っていました。

そんなことを思い出してしまったので備忘録として書きました。

たいした意味はなかったです。すみません。

 

どんな世代の成功者も批判してはいけません

松田さんはおっしゃています。

どんな世代の成功者も批判してはいけません

そのとおりだと思います。

そんな文章を読んで前述のホリエモンを思い出したのです。

 

成功にもいろいろな在り方あり

成功者にもいろいろなストーリーがあります

まさしくそのとおりだとおもいます、

今現在の堀江さんをご覧下さい。

どれだけの人がファンでいるのか。

また壮大なロケット事業でどれだけの夢と勇気を与えているか?

すごいですよね。

 

どんなジャンル、どんな世代の成功者も批判してはいけません

なぜなら、人は批判しているものにはなれないからです。

成功者を批判したり、意見している時点で

成功はできないのです

上記おっしゃるとおりです。

そのように私は成功者にはなれませんでした。

まさしくそのとおりでございます。

 

まとめ

人は自分が批判しているものにはなれない。

成功者を批判した時点で、成功者になれない。

自分が気に入らないタイプの成功者を見たら批判しない

反対に学ぶ姿勢で対峙する!







-松田豊心の在り方
-

Copyright© 51個目のパイロン 松田豊の成功法則思案中 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.