松田豊心の在り方

詐欺師?松田豊の税金の話

更新日:

お金を稼ぐ=詐欺師!?

なぜ、松田豊さんが成功する方法を教えるのか?

1・お金になるから

2・みんなが幸せになってほしいという純粋な行動(無償の愛)

3・褒められたい、お礼を言われたい、などの自分の承認欲求を満たす(承認欲求、充足感)

この3つだそうです。

 

 

松田豊は慈善事業家ではない!

松田さんはこういっています。

まずは自分が満たされて、余ったら分け与えます。

それはそうですよね。

幸福の王子のようにメンターがボロボロになってはこまります。

 

25年以上やっている経営者の話

松田豊さんのブログの記事に

面白い内容がありました。

あるセミナーでの話です。

青字は講師の発言内容です。

 

「私は、お金の為にやっています、お金が大好きです」

ええっ?そんなはっきり言ってしまいますか?

「だから、私といるとあなたは、お金がどんどん無くなります」

・・・・・・・・・私カネヅルにされるのか?

「あなたのサイフが空っぽになります」

・・・・・・・・・私すっからかんになるのか?

「あなたの財布を空っぽにするのが私の得意分野です」

・・・・・・・・・人にお金使わせる専門家なのか?

「私はあなたからもらった、そのお金でキャバクラや風俗に行きます」

まあ、貴方のお金ですから何に使っても文句言いませんが、、、

「好きな事に使います、あなたにどうこう言われる筋合いはありません」

払ったものは返せとはいいませんよ、お好きにどうぞ。

「それが嫌なら今すぐ出ていってください、出口は向こうです」

いや、出て行けって。話聞きにきたんだからさ、聞いてくわよ。

「出たところの受付で全額返金します、さぁ、出て行ってください!」

いやいや。出て行きませんよ。

なにほど価値ある内容を教えてくれるのでしょうかね?

さあ、話を聞かせてください。

 

 

と思います。私なら、、、。

以下松田豊さんのブログの引用です。

お金の為=悪というマインドコントロール
稼げない人は、お金の為に行動する=私利私欲のため
と思いがちですが、そうではありません。

マインドが整っていない人は
お金の為に働く=悪いことをする、と思います。

それは、自分がそういう内面を持っているからです。

きちんとマインドが整っている方は
お金の為に行動する=100%良い事
と、思っています。

ああ、

出て行かないで話を聞く方に残って正解だった。

よかったわあ。。

 

純粋に大きく稼いで、純粋に大きく自己投資をする!

この後は丁寧に、とてもわかりやすく

税金の説明をしてくださっています。

 

私は税金というとざっくりこんな風に覚えていました。

給料以外20万以上で税金がかかる

医療控除の申請をする

ふるさと納税をする

FXなど雑収入は半分税金にとられる

なので、最初のころに松田豊さんの動画を見たときに

報酬の半分を残して翌年確定申告して残ったお金が使えるお金です

と、おっしゃっていたのを見て

この人は本物だ!こういうのを聞きたかった!

と、思いました。

そして稼いだお金は自己投資に使う!と、バビロンの大富豪の

複利利殖のお話とおなじようなことを教えています。

ここで、ますます嬉しくなってもっと話を聞きたいと思いました。

 

富を消費する人に巨富はもたらされない

 

税金は弱者のために使われます。

税金は、医療や介護や障害者や母子家庭の人などに使われます。

 

私は今まで皆様方の大事な税金で色々な支援をしてもらいました。

まず子供の頃は生活保護のお世話になりました。

小学6年生の頃は給食費無償という準要保護支援、

母子家庭のため定期的な支援、医療費の支援

シングルマザーになってからは保育園の支援

娘の授業料の支援、母子家庭の貸付金20万円など

公的な補助がなければ生きてこれませんでした。

この記事の感想でアウトプットしなければ

感謝することを忘れて生きていくところでした。

今更ながらですが、この場をお借りして

今まで助けていただいたもの全てに感謝いたします。

本当にありがとうございました。

今後は税金をたくさん納めさせていただく立場になります。

ありがとうございます。

 

プロフィールを見ると???と思うかもしれませんが

ジェットコースターのようなバイオリズム人生でしたので

良い時と悪い時の格差がすごくて話すと長くなるので

いつか機会があるときに書いていきたいと思っています。







-松田豊心の在り方
-

Copyright© 51個目のパイロン 松田豊の成功法則思案中 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.